【ネット】ネットのせいでもう楽しめなくなった物ある?

引用元:What is no longer fun because of the internet?

リサイクルショップ/質屋。マシなものは残ってない。

 ▼ああ、ただバーコードをスキャンしてネットに出品するんだ。  ▽さらに悪いのはどこの店も「相場の」値付けをすることだ。みんなが素早いGoogle検索のおかげで物の価値を知るから。

 ▼質屋に関しては今でも値切らないと。ガレージセールや蚤の市にはまだ値打ちものがあるけどね。でもグッドウィル(アメリカの大手リサイクルショップ)はもうゴミだ。あそこに行ってebayと同じ値段を出すなら、初めからebayで買う。

 ▼ほぼ完璧な情報化社会にようこそ。

 ▼レンタルビデオ屋もそうだ。

 

 

気軽な気持ちでゲームをプレイすること。いつも心のどこかで「これは他にもっといいやり方があるはずだ」って声がしてる。それでフォーラムを漁ってそのやり方を見つけるんだ。Stardew Valley、お前のことだぞ。

 ▼自分はどのポケモンをやろうとしてもそうなる。パーティーの中に悪い性別、個体値、わざ構成、努力値を持ったポケモンは一匹たりとも入れられないし、どのレベルでも早く新しい技を覚えさせるために進化させないといけないし、略。

 ▼こんな感じでもうマインクラフトはプレイできない。ゲーム開始。「中世の建物」でGoogle検索。「マインクラフト」を検索窓に追加。人のアイデアをパクるのが嫌になる。ゲーム終了。

 ▼その声は、スカイプで俺にプレイが効率的じゃないとケチをつけるゲーム仲間だ。ストレスが欲しいなら仕事に行く。馬鹿げた見栄はり合戦がしたいなら家族に会う。俺は楽しむためにやってるんだ。楽しんで人を攻撃するためじゃない。

 

 

ムービーナイト。そりゃもちろん今でもある程度楽しいけど、ブロックバスター(アメリカのレンタルビデオ店)やファミリービデオ(同上)に出かけて映画とスナックをゆっくり選ぶのが好きだった。あれは楽しいイベントだったけど、今じゃNetflixを起動してそれで終わり。

 ▼自分と友達は今も映画を観る前にはウォルマートまで長旅に出かける。ジャンクフードを選んでちょっと通路をぶらつく。

 ▼まずNetflixで二時間かけていい映画を探す。結局もういいやと言ってフレンズを見直すことにする。

 ▼自分は映画館で週に一度は映画を見るためにお金を貯めることにしてる。Netflixからいい気分転換になった。少ない選択肢によって普段見ないような映画も試すことになる。

 

 

エイプリルフール。今では各社がユーモアセンスを競うマーケティング部門の管轄になった。

 ▼会社のやるエイプリルフールネタは本当にやめてほしい。

 

 

 

パブでの冷やかし。スマートフォンは俗っぽい議論を終わらせた。

 ▼ちょっとウィキで調べよう。

 ▼相手に「うるせえそれは違う、俺が正しいんだ」と言うという信頼と実績の手法によってまだ議論は続けられるぞ。

 

 

 

旅行。みんながソーシャルメディアにたくさん旅行の写真をアップするし、ネットには興味のあるあらゆる行き先の想像しうる限りあらゆるアングルから撮られた写真がある。目的地に着く頃にはすごく失望する。グランドキャニオンだろうとエッフェル塔だろうと違いはない。そこに立って、ああ、なるほど写真で見た通りだって思うんだ。少なくとも今はまだネットは潮の香りまでは台無しにしてない。でも時間の問題。

 ▼オーストラリア旅行は自分の死ぬまでにやることリストに入ってた。でも友達の一人が2年間仕事でオーストラリアに行くことになって、大量の写真を撮ったから、まるで自分まで行ったことがあるような気分だ。もう行きたい気持ちはなくなった。

 ▼同意できない。写真に捉えることのできないものはたくさんある。アルプスやシスティーナ礼拝堂の壮大さを写真におさめることはできない。アルプスにいるっていうのは飛行機から全てが小さくなった景色を見下ろして、自分の周りの世界はどれだけちっぽけなのか気づかせてくれるような圧倒的な感覚だし、システィーナ礼拝堂の巨大さと無数の微細な芸術には涙があふれた。一生写真を眺めてもあの心の準備はできなかった。重い話をすると、アウシュヴィッツもそうだ。自分はユダヤ人家族の中でホロコーストの描写やストーリーを目の前に押し付けられながら育ったが、そのどれもが、世界のどんな場所より憎悪と苦難を目撃したあの地に実際に立つことに比べれば、まるで衝撃的とはいかなかった。その後しばらくはズタズタだった。

 

 

 

手書きの手紙を送ること。

 ▼反対。ネット人気のせいで最近は手書きの手紙は異様に特別になった。誰もそれを予期してないので、常にとても印象深いサプライズになる。

 

 

【管理人】ネットで写真を見てしまうと旅行の楽しみが減ると言う意見にはあまり同意できないような…。どこに行ってもその土地の空気は写真からは分からないし、良くも悪くも写真を見ているだけでは絶対に気付かなかった発見があります。これを読んでいつかシスティーナ礼拝堂に行ってみたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。