【デマ】君が長いことでっち上げだと気づかなかったことは何?

引用元:What nonsense did you believe for way too long before you found out it was made up?

3歳か4歳の頃、いとこが綿菓子はクモの巣でできてるって言ったんだ。今は30代。クモの巣じゃないのは分かってるけど今も食べられない。

 ▼義理の兄弟を思い出した。彼の祖母が実はタピオカはカエルの目玉なんだって言ったから、彼はまだ気持ち悪がっててタピオカプディングを見ることも拒否する。

 

アンドリュー・ジャクソン大統領(注:第7代アメリカ合衆国大統領。白人)は黒人だと思ってた。ジャクソン5がみんな黒人だったから、苗字がジャクソンの人はみんなそうだと思ってた。4年生のときに、教科書のアンドリュー・ジャクソンの写真がなぜ間違っているのか説明したら先生が笑うのをやめられなくなって、そうじゃないことを知った。

 ▼自分も白人のジャクソンだ。昨日何かで読んだけどイングランドではジャクソンは8番目に多い苗字らしい。

  ▽ここ英国で自分はそれぞれ親戚じゃないジャクソンを12人は知ってるよ。名前がマイケルの奴もいる。

 ▼面白い事実の時間!多くの黒人奴隷には苗字がなかったから、解放された時に彼らは元オーナーたちの苗字を取ったの。それが白人の典型的な苗字のジャクソン、ホワイト、スミス、ジョーンズとかが黒人にもたくさんいる理由。

 

犬は不妊手術をされる(spayed)んじゃなくて、特殊な不妊用のスプレーが売ってあってそれをスプレーされる(sprayed)んだと思ってた。彼女といる時に「誰かがあのスプレーを買って人間に使ったら」という懸念を話したら、彼女は笑いすぎて吐きかけた。僕はその時大学院にいたんだ。

 

子供のころ、血液は新しくすることはできないって言われた。だから切り傷ができると何日も絆創膏を貼りっぱなしにして、まだ98%くらいは血液が残っているだろうかとか、あとどれくらい血液がもつだろうかと考えた。

 ▼自分は逆を信じてた。保育園の先生に、もし時々血を流さなければ、私たちは血でいっぱいになりすぎて爆発してしまうと言われたんだ。

 

医師と看護師は性別が違う同じ仕事をしている人たちだと思っていた…

 ▼「メスのヤギはいない。メスのヤギはヒツジだ」

  ▽自分は猫がメスで犬がオスだと思ってた。

 

両親は、リビングのテレビの受信機(小さなガラスの玉)は小さなカメラで、彼らが家にいないときはカメラが私と妹を撮っていて、私たちがやったことについて嘘をついていないかどうかテープを確認すると言った。それは妹がやったと彼らが分かっていた何かを妹に白状させるための母のちょっとした発言で(妹は5歳で私は7歳だった)、私は18歳になるまで信じていた。テレビの仕組みもリモコンの仕組みも分かってたけど、大学に行くために引越しの準備をしていて「ねえ、あのカメラ付きの古いテレビってどこにやった?ルームメイトから私物を荒らされないようにあれを寮に持ってってもいい?」と親に尋ねるまで、なぜかその2つを合わせて考えることはなかった。15年たってもまだあの恥ずかしさの余韻を感じる。

 ▼両親も私が若い頃似た戦略を使ってた。父は小さな瓶に「真実試験紙」というのを持ってた。私や弟に問題があると、父はその試験紙を取り出して「今からこれを舌に乗せる。もし紫になれば、嘘をついてるということだ」と言った。白状させるにはそれで十分だった。1、2年前、化学でpHをやってて先生がpH試験紙のことを話して、クラスのみんなにいくつか見せてくれた。それを見た時に内心「ねえ、あれ見覚えある…」と思った。2分間深く考えて、父は私たちに自白させるためにpH試験紙を使っていたことに気が付いた。8年間何も気付かなかった。時々自分がどれだけ騙されやすいバカだったか思い出す。

 

映画やテレビで登場人物が殺される時は、死刑囚が使われていて本当に殺されているんだと思ってた。

 ▼自分は自殺志願者が映画に出るのと引き換えに殺されることに同意したんだと思ってた。

 ▼ブラックミラー(注:英国の近未来を風刺したドラマ)並みの無茶だな。

 ▼デスノートを思い出した。

 

若い(10歳くらい)頃、叔母の前で「異常な(原文:extraordinary)」という単語を使ったら、彼女にそれは「とても(extra)一般的な(ordinary)」という意味だと訂正された。10分間議論したけど、結局は彼女の方が大人だったから最後には降参した。別の人から指摘されるまで、その意味で3ヶ月間使ってた。サリーおばさんめ。

 

子供の頃、親は私たちにインゲン豆をどうしても食べさせたくて、それが実はサンタクロースと彼のトナカイが北極で食べている「サンタクロース豆」なのだと言った。どういう理由だったかは忘れたけど、サンタクロース豆と呼ばれているってことは信じた。チポトレ(注:メキシコ料理のチェーン店)でブリトーボウルにサンタクロース豆を入れてって頼んだ時に嘘だったと分かった。

 

子供のころ「ソープオペラ(注:昼ドラ、メロドラマのこと)」はシャワーを浴びながら歌を歌うことだと思ってた。

 

自分(1982年生まれ)は、ゲームボーイは人間と同じように疲れるから、それで遊んだ後にはゲームボーイにも休憩が必要なんだと信じていた。思い返すと賢い子育てだ。

 

【管理人】種を食べるとお腹の中で生えてくる、ガムを飲み込むと腸に貼り付いてとれない、など定番の嘘も挙げられていました。綿菓子がクモの巣という嘘は、妙にリアルでアイデアとしてうまいなと思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。