【動物】これまで見た動物の一番賢い行動は?

引用元:What’s the most intelligent thing you’ve witnessed an animal do?

どういうわけか僕が人工内耳のスイッチを切るとそれが分かる猫を飼ってた。そのときに呼び鈴がなると、いつでも僕の近くにやってきて僕に見える位置で鳴いてみせた。それから僕が付いて来てるか確認するために振り返りつつドアまで歩いてた。教えたわけじゃない。ニンクス、安らかに。

 ▼うちの犬も、自分が人工内耳のスイッチを切っている時にかまって欲しいと同じことをする!彼女は声を出さずに口の動きだけで吠えたフリをする。でも最近はただ近くに来て大きな鼻で横から突っつくようになった。より効率的なんだろうけど、でもたまに強くやりすぎる。

 

うちのシャム猫は、自分が餌をやるのを忘れていた時に、キッチンの上の戸棚を開けてキャットフードの入ったジップ付きの袋を取って、リビングにいた自分が開けられるようにそこまで引きずってきたことがある。

 ▼少なくともキッチンで破いて開けなかった。君の猫はお行儀がいい。

 

前に別の話題で使ったことのある話だ。賢くない行動でも、それが相手を出し抜くためのものならある程度の知能が必要になる。二羽のカラスが家の外の街頭に止まって、「チキンレース」としか形容しようのない遊びをしているのを見たよ。街頭から同時に飛び降りて地面に向かって自由落下して、ギリギリになって飛び上がってた。きっとより地面に近いとこまでいけた方が勝ちだったんだろうけど分からない。何度かやってるうち、一匹のカラスは長くやりすぎて地面に正面から強くぶつかった(笑)。起き上がって飛んで街頭に戻ってたけど、今のとこそれが今まで見た一番笑えること。それにもしこの2つの目で見なかったら信じようともしなかったことの一つ。

 

自分のボーダーコリーの雑種犬は完全な天才。彼が1、2歳の時にレスキューから譲ってもらった。前の飼い主は彼をただ庭に繋いで放っておいて彼と何もしてやらなかったから問題行動がすごかった。彼はこれまでで一番賢い犬なのに残念なことだ。彼は言葉をほぼすぐに覚える。まるでお喋りができるみたいに。おもちゃに名前をつければ理解する。彼の体内時計は完璧で、寝るのが遅くなれば鼻でベッドのカバーをめくってくれる。素晴らしい。何よりすごいのは、自分が普段やることが分かってることだ。彼がテーブルに飛び乗って食べ物を盗もうとするのが好きだったから、食事のときは彼をケージに入れていた。今じゃ、こっちが食器棚から皿やボウルを取り出したら、戻っていいと言うまでケージの中で横になるために走ってく。人を喜ばせようとする犬たちは宝物だ。彼がまさにそういう犬たちの一匹だ。自分に出会うまで彼が地獄みたいな人生を送ってたことが悔やまれるけど、今は彼と一緒にいられてすごく幸せ。

 ▼私も日常生活を把握してるチワワを飼ってる。そんなに決まったパターンがあるわけじゃないんだけど。彼女は私がベッドから飛び降りて1日を始めるんじゃなく、起きないでゴロゴロしていい日が分かってる。彼女は私がどんな服を着るかと肌の手入れの仕方で仕事に行くのか散歩か分かる。出かけるときに私がどんな靴をはくかで、車に乗るのか、彼女は一緒に来られるかとかを当てられる。どれもすごく些細なヒントから。

 

前にカモにパンをやってた時(分かってる、分かってる。これは昔のことだ。今はもっと物を知ってる)、サギがやってきて、パンをちょっと取って水に投げて、それを食べに上がって来た魚を捕まえてた。

 ▼待って。え?外れた質問なのは分かってるけど、もうカモに古くなったパンをあげちゃいけないの?

  ▽パンは彼らにとってジャンクフードなんだ。ろくな栄養もなく太らせてしまう。凍らせてスライスしたブドウとか、砕いたオート麦とかの方がヘルシーだよ。

   ▽それに彼らの住む水のエコシステムも汚してしまう。

 

うちの犬はベビーゲートを開けることを覚えた…そして出たらちゃんと閉める。

 ▼うちには同じことをしてたビーグルがいた。他の二匹は開け方が分からなくて、彼は一人になりたかったから。

 

凍った大きな川を渡るところだった。氷の厚さは45センチくらいだったけど、ところどころはもっと薄かった。一緒にいたのは自分の犬、自分、友達とその子の犬だった。友達が最初に渡って、氷の薄い部分を片足が割ってしまった。抜け出ることができたけど。それから彼女の犬が緊張して注意深く、彼女とほぼ同じルートを通って氷を割らずに渡るのを見た。自分の番が来た。そこで犬を先に行かせた。彼は地面の匂いを嗅ぎながら渡ったけど、まっすぐ進まずに、おかしな走り書きのようなルートを通った。結局彼に従うことにしたら、それは氷が最も厚いところだったことに気づいた。問題なく渡れた。

 

うちの仔猫は一度肉球を怪我して一週間びっこをひいてた。その間すごく甘やかされて特別扱いもたくさんされた。それ以降、彼女は人生で欲しいものがある時は、一本の足を持ち上げてびっこをひくフリをした。

 ▼父が子供だったとき、彼の家族が飼ってたボーダーコリーがガラスの破片で足をひどく切り裂いた。彼の父親はそれを縫い止めて、治すためそこにすすをまぶした。当時彼らには彼女を獣医に診せる余裕がなかったから。傷は治ったけど、彼女は弱っていた時に受けた優先的な扱いに間違いなく気が付いた。父が言うには、彼女が悪いことをして彼や彼の両親が怒鳴りつけないといけない時は、彼女はいつもその足を持ち上げて頭を低くして、びっこをひくフリをしたらしい。

  ▽ボーダーコリーは賢い。確か世界で二番目に賢くて、プードルが一番だ。

   ▼本当に?だってうちのプードルは死ぬほどバカ。もしプードルが賢いなら、うちはプードル全体のIQを1000ポイントくらい引き下げてる外れ値を手に入れたみたい。

    ▽今グーグルで調べたよ。ボーダーコリーが最も賢くてプードルは二番目だ。君のは脳腫瘍でもあるんだろう。

 ▼飼ってた犬の一匹が、事故で肉球をひどくすりむいた後に同じことをしてた(彼はあまり賢くないダルメシアン… 普段は完璧な間抜け)。私たちは彼を気の毒に思って、毎日たくさんおやつを与えて、いつもよりなでて、庭で寝るためのブランケットとかをあげた。遊んであげても悲しそうな顔でびっこをひいてた。これが一ヶ月以上続いた。ある日野良犬が家のフェンスの前を通った。うちの犬はフェンスの端から端までその野良犬を追ってちゃんと全力疾走した。野良犬が消えて振り返った彼が、私と私の母親を見たときの顔はプライスレス。もし話すことができたなら「ああ、クソッ」って言ったはず。その悪ガキはびっこをひきだした。すごく大げさで最もドラマチックなびっこだった。彼が怪我してることになってた肉球が全然地面につかないような。あの犬が恋しい。

【管理人】「動物のお医者さん」に出て来たスコシという犬の仮病の話を思い出しました。コリーの話で、すすを傷口に?と思いましたが、そういう民間療法があったようですね。

 

「【動物】これまで見た動物の一番賢い行動は?」への4件のフィードバック

  1. ネコは遺伝性の問題で生まれつき聴覚障害を持ってる個体が多いから そういった個体とコミュニケーションとる方法が本能に組み込まれてるのかもしれんね。
  2. デカいの(♂)と小さい(♀)シェルティーがいた。小さいのは届かないテーブルの上の食い物を、デカいのに取らせて食って、あげく罪を着せてたwwwあの「あたし知らない」の顔が忘れられないわwww賢くはあった。基本的なお座りとかは何も教えてなくて、デカいのを見て一通り勝手に覚えてた。デカいのは正直者で大らかな奴だった…。

  3. 動物園のコンゴウインコと、落ちてた枯れ枝で綱引きしたことがある。 そこは出入口にある大きな檻で、帰りにまた通ることになる。 帰りにまた遊ぼうと思ったが、同じ檻に20羽ほどいるのでどれか不明。そこで、「さっき遊んだのだーれだー?」と声をかけると、奥から一羽が一目散に走ってきた。 見分けつかなかったけど、たぶんその子がさっきの子なんだろう。とっても賢いインコだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。