【医療】医者から誤診された人、どういう影響があった?

引用元:Has a doctor ever misdiagnosed you, if so how did it affect you?

高校で歴史の教師がガンと誤診された。彼女が6ヶ月の時間をかけて抑うつ、受容、怒り、と変遷していくのを見た。誤診だと気づいた時、彼女がクラスのみんなに親が弁護士の人がいないか聞いてたのを覚えてる。

彼女をとても気の毒に思った。彼女は7歳の子供にどうやってさよならを言おうかまで考えてたんだ。

 ▼全く同じじゃないけど似たようなことが私にもあった、短い間だけ。私はERにいて咳をしてて痛みがあった。レントゲン写真を撮って、夫と私は結果を待ってた。医者が入ってきて、悪いニュースがある、私はガンだって。私たちはショックを受けて私は泣き始めた。彼は私の名前のタグを見て、また戻ると言った。10分後、別の医者がやってきて私は肺炎なのですぐに治療を開始すると言った。私たちはガンについて質問したけど、彼女には私たちが何について話しているのか全然分かっていなかった。きっと肺炎で幸せだって思えた唯一の時。

 

父は実際には肺虚脱を起こしてたときに肺炎だって言われた。

 ▼自分の体験を書き込む前にちょうど君の書き込みを見つけた。全く同じことが自分にも起こったよ。こんなことってあるんだな。

  ▽父親にも同じことが起こった!彼は病院から電話をもらって、医者たちは彼のレントゲン写真にもう一度目を通してみたけど彼は今すぐ病院に戻って来ないといけないと言った。これがすごくよくある誤診じゃないといいんだけど。

 

A&E(注:イギリスの救急外来)の受付で、きっと偏頭痛だろうから家に帰ったらと言われた。細菌性髄膜炎だった。

 ▼受付の人間の言うことは聞くな。あいつらは身の程知らずに意見を言ってくるんだ。

  ▽「受付の人間」はここカナダでは全員公認看護師だ。君が本物の受付で順番待ちになる前に様子を見てる。

 ▼何てこと。弟は子供の頃に髄膜炎で死にかけた。あれは恐ろしい病気。両親が弟をERに連れて行ったのは、その前に弟が転んでて彼らは弟が脳震盪を起こしたと思ったからだった。

 

14歳の時高血圧から腎臓の超音波検査を受けて、妊娠していると言われた。妊娠検査はなく、質問もなく、私が若い女の子だったからって彼らが異常な塊を見つけてすぐに明らかに妊娠してるってことになった。結局嚢胞だった。私がまだキスすらしたことないって言っても医者たちは誰一人私の言うことは聞いてくれなかった。この話が悲しいのは、医者が私の父に私は妊娠10週だと伝えて、私が頑固にそんなことはありえないと拒絶したら、父が私のために立ち上がって味方になってくれたところ。医者は私の母親を呼んで、父親のことを私に対する性的加害で告発した。ついに私は女性用病院に送られ、2時間後に私が処女懐胎したマリアではないことが証明された。身体的には影響はなかったけど、それ以来医者にかかるのをすごく警戒するようになった。

 

診断されなかったことも入る?自己免疫疾患(橋本病)と甲状腺機能低下—何十年間も。

 ▼母親は40になるまで、ずっと彼女の頭の中には可能性としてあったけど医者が橋本病の検査をしようと考えてくれなかったために15年間苦しんだ。私は3年間も、こういう症状はこの年頃の女の子には普通だからって言われ続けた。母親は「ねえ、この子の症状はまるで私のと同じだし私は最近橋本病だって診断されたんです。彼女の抗体を調べてくれませんか?」と言った。医者は「いいですよ。でもその病気はこういう若い人にはまずないんです。あなたを安心させるためだけにやってあげますけど、異常なしという結果になりますからね」。ドン!高校を卒業もしてないのに橋本病の診断がついた。今もつらい。

  ▽娘は8歳で橋本病と診断された。

 

誤診ではないけど診断が不十分だった。自分はそれぞれ別の機会に三度胸の痛みからERで診断を受けて毎回帰された。彼らは私の心電図が不規則であることは認めたが、私には保険がなかったから。復員軍人給付を受けてすぐに彼らのもとへ行き、彼らは最初の診断で私の心臓の状態を診断してくれた。これは考えないといけないな。

 ▼本当にただ保険のためだけに全てがひどいことになるなんてまったく.. 人の命より金の方が重要になることがこんなにしょっちゅうあるなんて悲しい。

  ▽医療は営利事業にすべきじゃない。病気から利益を得て人を苦しめようだなんて道徳的に破綻してる。

 

自分は太ってる。よく眠れない。いつもすごく疲れてる。すぐにアザができる。調子の悪い日は身体中に関節炎があるみたいに感じる。何年間も医者はこう言った—君は太っている。痩せなさい。何年間も食事を見直したり活動レベルを上げたりした。少し痩せた。相変わらず眠れないし体は痛む。脳腫瘍だった。腫瘍だ。確かに一番マシなタイプの腫瘍だった。小さくて良性の。それが自分の自尊心を破壊してた。何年間もイライラと自信喪失を味わった。腫瘍の成長につれて健康状態は悪化し、内分泌系が完全に機能しなくなった。機能しない内分泌系とやっていくのは最悪だけど、少なくとも今は何が問題だったのか分かった。

 

不妊だから絶対に子供を持つことはできないって言われた。私の6歳になる子供があれは間違いだったって証明してくれてる。あの時は母親になることを諦めた。娘は私の小さくて強情な奇跡。

 ▼私にも同じことが起こった!16歳の時私は生理になったことがなくて、排卵がないから将来も子供を持つことは絶対にできないって言われた。22歳の時に養子を迎える準備ができたけど、突然ものすごく体調が悪くなった。ERで妊娠してることが分かった。信じられなかった。私はどうもひどい子宮内膜症で、それが生理になったことがない原因だった。娘はいま16歳で11歳の息子もいる。そして私はいまだに生理になったことがない。もう一人養子に迎えた子もいる。そういう運命だったんだと思う。

 

【管理人】アメリカ人の医療にまつわるトラブルを聞くたびに皆保険制度のある国に生まれて本当によかったと思います。問診から病気のあたりをつけるのは将来的にはAIの仕事になるのかもしれませんね。

「【医療】医者から誤診された人、どういう影響があった?」への5件のフィードバック

  1. 「学歴馬鹿」は責任を取らなくて済むシステムに組み込まれたい一心の生粋の奴隷だから、あてにする方がおかしい。
  2. 虫垂炎を食あたりと誤診された。胃腸薬飲んで寝てたら破れて腹膜炎起こした。 受験生なのに1カ月以上入院して修羅場だった。その後も癒着した箇所があったようで腸閉塞で何度も入退院を繰り返した。
  3. 待合室が年寄りばかりとか、受付の態度が異様に横柄とか 99%の確率でヤブだから止めた方がいい あと例えば目の不具合で眼科に行っても、ちっとも改善しない場合は 耳鼻咽頭科とか脳外科や内科でも見てもらうとか自分でも気にしたほうがいい
  4. あり得ない医療費請求されて誤診なんて、あっちじゃ即訴訟になりそうなもんだけどな…
  5. 誤診とは違うが、膝付近に激痛があり整形で診察を受けたが異常なし 膝から崩れる様に体勢を崩し激痛で動けなくなり、別の整形にて診察受けるも異常なし 激痛が長引き、再診も異常なし→若い医師が、筋肉の異常を疑いMRIを奨める予約入れ1ヶ月後にMRI、更に1週間後結果を聞きに診察室で、大腿骨に影がある 放射線検査で、悪性骨腫瘍確定→紹介状渡され、がんセンターへ(初診から既に90日経過・自覚症状から104日経過) がんセンター初診日で其のまま緊急入院、各種検査して4日後に手術 がんセンター整形医師「レントゲン画像の此処に写っている」「腫瘍性骨折に因る痛み」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。