【質問】人から真面目に聞かれたことで一番馬鹿げてたことは?

引用元:What was the stupidest thing someone has asked you 100% seriously?

自分の21歳の姉妹は夕食の席で家族みんなに、シスター(修道女)はセックスをしないのにどうやって新しいシスターがやってくるのと聞いた。自分にとってはこれが一番。

 ▼ハハ、21歳になっても全てのシスターたちがオリジナルのシスターのクローンだってことを知らないのを想像してみろよ。

 

ラフティングのガイドをしてる。客の一人は、岩がそんなに危険ならなんでそれを川の中に置いたりしたんだと聞いてきた。

 

ラフティングの会社で働いてる。終わった後に最初の場所に戻れないかって頻繁すぎるほど聞かれるよ。川は円になって流れてはいないんだ!

 ▼たぶんそいつらはどの川もディズニーランドのジャングルクルーズみたいになってると思ってるんだろう。

 

自分は一卵性双生児。ある女の子は、自分たちがお互いを取り違えることはないのかと聞いてきた。

 ▼友達には一卵性双生児の娘たちがいる。彼女たちが4歳くらいのとき、一人が「アニー!アニー!どこにいるの、アニー?」と叫んでいた。友達はその子に「あなたがアニーでしょ」と思い出させてた。

 

前提として、自分は携帯ショップで働いてる。客「これは何だ?(請求書を渡しながら)」「これはあなたへの請求書です」「でももう払ったぞ」「ええと、それでしたら気になさらないでください」「いや、先月払ったって言ってるんだ」「えー、だったらこれは二つ目の請求書ですね」「でももう払ったんだ!」「先月分はですよね、はい。これは次のぶんです」「つまり毎月これを送ってくるってことか?」「…はい…それが携帯の契約です。あなたは二年間の契約にサインしましたよね?」「ああ」「それでしたら二年間毎月請求書が送られてくるはずです」「ぼったくりだ!!!」彼は本気で新品のiPhoneと丸二年間の契約が90ドルの請求書一枚だけで済むと思ってた…

 ▼公平を期するために言うと、「90ドルでiPhoneを手に入れよう!」って書いた広告があったに違いないね。

  ▽そういうの違法にしよう。

 

うちのビーフタコサラダに使われてるのがどういう種類の肉なのか質問する女性客に対応してた。女性「おたくのビーフタコサラダにはどういう肉が使われているの?」「ビーフです」「どういう種類のビーフ?」「ビーフです、タコスの調味料で味付けされたひき肉です」「じゃなくて、それはポークかチキンなの?」「お客様、ビーフです。牛からとれたビーフです。」

 ▼牛肉を「肉」と呼ぶんだと考えてるバカも腐るほどいるんだ。結婚式のバイキングでローストターキーと牛のヒレ肉を切ってたときにある男が近づいて来たから、「ターキーとビーフ、どちらになさいますか?」って聞いた。男は本当に「肉をお願いします」とだけ言った。「どちらも肉です、ターキーかビーフです」「肉だ、肉がいい」「それで…どちらでしょうか?」「だから、肉が欲しいんだ」。そいつの顔を引っ叩くところだった。

 

「あなたのおじいちゃんに子供はいるの?」

 ▼私の祖父にはいない。祖母にもね、実際のところは。父親は養子だったから。

 

保険会社は私の父の切断手術を受けた足がまた生えてくる可能性はあるかって聞いて来た。

 ▼義理の兄弟はアメリカ海軍にいた時に小指を失って、毎月少額の補償金を受け取ってた。彼は補償金を受け取り続けるために、4年に一度軍人病院に行って、指が生えてきてないか確認しないといけなかった。

  ▽本気?

   ▽自分は医者で、実際に知的障害を持つ自分の患者の一部を毎年チェックしてる。あたからも彼らが来年にはなぜだか治っているかもしれないというように。

 

友達の彼女が「色がつく前の世界ってどんな感じだったのかな」って聞いてきた。その子は世界がむかしは白黒だったと思ってた。映画だけじゃなくて。

 ▼その子何歳だったの?自分も同じように思ってた… 3歳の時は。

  ▽自分は10歳までそう思ってた。

 ▼うちの5歳の子もそう聞いてきた。自分が若かった頃は全てが白黒だったのかってね。面白かった。

 

Macのサポートを7年やってる。ある客が、iPadに曲をたくさん入れるとその分iPadが重くなるのかって聞いてきた。

 ▼実際には、なる。でも違いを感じられるほどではない。

 ▼それ実はすごくいい質問だ。

 

【管理人】写真が白黒なだけで世界は白黒ではなかった、というのが頭では分かっていても、実際に戦時中の写真などがカラーに彩色されたものを見るとすごく今の世界に近い気がして現実感が何倍にもなりますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。