【里親】十代の男の子たちの里親をしていたけど質問ある?

引用元:I’m a former foster mom to teen boys. AMA.

私は十代の少年たちの里親をしてた。私とパートナーは4年間で9人の少年たちを受け入れた。家に置いてあげたのは一晩だけだったケースから出ていかなったことまで幅がある(笑)。(注:里子の受け入れを)始めた時は私たちには1歳と3歳の生物学上の子供たちもいて、パートナーと私は若いカップルだった(20代後半と30代前半)。里子の受け入れに興味はある?里親が実際には何を経験するか知りたい?何でも質問して、プライバシー契約に抵触しない限り何でも答えるわ

 

【管理人】ここで言う里親というのは、家庭での養育が虐待などの様々な理由で困難になった子供達を、一時的に自分の家庭に受け入れて育てる人のことです。以下スレ主の発言は太字です。

受け入れた子供達とは今も親しくしてる?

 ▼何人かとは今も連絡をとってたけど、何人かとはとれなかった。やってきた子供たち全てに連絡先を渡しているから、いつか残りの子たちも連絡してきてくれるという希望を持ってる。連絡をくれなかった子供の一人を、州の「家族を探しています」コーナーでメディアで見た。彼が家族を見つけることを願ってる。

 

実質的な他人を自分の家に入れることに不安はなったことはない?それと、他の子達にはしなかったのになぜ一番上の子は養子にしたの?

 ▼1。すごくすごく不安だった。始めたばかりのころは全然眠れなかった。子供部屋にはベビーモニターがあって、それ(注:モニターの受信機)を頭の横に置いて最大ボリュームにしてた。2。全ての里子が一緒にいた時期に養子縁組可能だったわけじゃない。里子たちは様々な理由で、里親の権限の及ばないところで州により移動させられる。安全上の理由じゃない限り私たちの側で配置換えを邪魔したことはなかった。

  ▽物理的な自分の安全を心配したことはある?そういう風に判断したくないけど、十代の男の子のほとんどは自分より大きくて強いし、そういう子達のほとんどはひどい養育を受けてるよね。自分なら怖いな。

   ▽ええ、何度か。意見の対立の後部屋にナイフが持ち込まれたこともあったし、壁に空いた穴や、割れた窓や… 私の夫よりも上に立とうとした子供も何人かいた。

    ▽そういう状況をどうやって扱ったの?

     ▽できる限り状況を穏やかに保つようにして、散らすようにした。そのあとは子供と状況についてよく分かるまで話して、なぜイライラを発散するのに容認されないやり方があるのかと、他の選択肢について話し合った。すべての出来事は一部始終を記録にされて、ただちに彼らのケースワーカーに報告された。

 

なぜ特に10代の男の子を里子にしようと決めたの?女の子やもっと小さい子を兄弟に持つ子たちも受け入れてた?特に(注:里子たちよりも)ずっと小さい子供たちが家にいるなら、何があなたを年上の子達を受け入れるように仕向けたの?

 ▼1。彼らが最も家を必要としている層だったから、ずっと十代の子を受け入れたいと思ってたの。とりわけ男の子を選んだのは、特に十代の子については、もし受け入れたら彼女たちの安らぎのためにも自分を告発から守るためにも、女の子を家の父親と二人きりにしないようにしないといけないから。私は体に障害があって、私たち夫婦は平等に子供達の世話ができる状態でいないといけなかった。夫と下の子たちだけと一緒に家に残しておくことのできない子は受け入れることができなかった。2。女の子たちは一切受け入れなかったし、正直それは問題にならなかった。里親をやっていたときは、州の中で十代の男の子だけを受け入れている家庭の一つだった。3。元々は子供達が大きくなるまで里親をやるつもりはなかったけど、友達から私たちが里親になることに興味を持っていると知られてまさに文字通り里親にならされた。彼らは私たちに電話して、「親族による」養育として玄関先に実際子供を捨てた。彼には会ったことがなかったけど、知人の友達だった。そうやって養育が始まった。

  ▽告発の可能性の問題は置いておいて、里子の女の子を父親と二人きりにするのは何かのルールに抵触するの?そういう告発はよくある?

   ▽それは暗黙の了解なの。ケースワーカーによると本来は正式なルールではないけど、彼らの非公式なポリシーだって。そして自分の思う通りにいかなかったことに対する報復として告発をするのは里子たちによく見られることだから。でも… そうは言っても、両親のいる子供達よりも彼らは虐待やネグレクトのリスクが高いのだから、すべての告発は真剣に受け止められるべき(ソーシャルワークのクラスを取っていたときの、虐待やネグレクトについて調べていた私の大学の教授によると)。

 

もっとも困難だったところともっともやりがいのあったところは?

 ▼困難だったところ?子供達が体験したものすごく恐ろしいことについて知ったこと。あなたがニュースで聞くようなことよ。私も虐待された子供だった。あなたがかわいい子供の面倒を見てて、その子が自分の殻から出て来はじめたと思ったら、彼らが何を食べていても最後の何口かを後で飢えなくていいように取っておこうとして完食するのを恐れるところを見てしまう。もしくはあなたは怪我や攻撃の記述の含まれた彼らの医療記録を読み通さないといけない。何年も経ってるのに私は今もそういったことに取り憑かれてる。里親として、人は邪悪だと分かった。純粋な悪がある。彼らの素敵な子供達を迎えたから分かる。そういう記録の中のことは悪以外では説明できない。やりがいのあるところ?子供達が心を開こうとするところ。彼らが私を探しに来て、ドラマのことや学校の馬鹿らしいことを話してくれる時。進歩してきてるのが分かるから。とても重要で、たくさんの子供達に欠けていた人間関係の基礎を私たちが築いていることがね。

 

里親をすることでどういう金銭的な補償を受けた?収入としてやるって聞いたことがあるけど。

 ▼発生する費用をカバーするために、州が定めた1日ごとの金額はある。それで食費や、請求書の値上がり分や、彼らの服などをカバーすることはできる。でも言わせて。子供たちをネグレクトでもしない限り、それで生計を立てることはできないから。そういう人たちにはヘドが出る。

 

君の生物学上の子供たちは里子たちとどうやってうまくやってたの?二人は里子たちのことを、お互いに対するのとは違うように扱った?もしくは単に兄弟として受け入れた?

 ▼里親を始めた時には彼らはすごく幼かったから、家に「友達」がいなかった時期のことは覚えてなかった。生物学上の子供たちは2歳しか離れていなくて、里子にした子達は何歳も年上だったから、二人の力関係にとってそれは完全に新しいものだった。最初の斡旋では彼らは兄弟として受け入れたけど、その後私たちは2歳と4歳の子供にとって里子が出て行く時に「兄弟」を失うのがどう有害かに気が付いた。彼らは、里子の兄弟は出て行くけれどママとパパと生物学上の兄弟はここにずっといることが理解できなかった。いずれお互いを失うだろうと考えることで彼らは強い不安を引き起こした。だから私たちは里子を兄弟として扱うのはやめて、彼らは「友達」になった。とにかく養子を受け入れるようになるまでは。❤

 

なぜ里親をやめたの?

 ▼一番上の息子を養子にして、自分たちには3人の子供で十分だと決めたから 🙂

 

【管理人】やはり十代でつらい過去を抱えた子供たちとクラスには壮絶な苦労があるようです。この方はご自身が被虐待児だったということなので、昔の自分のような子を救いたいというような志があってこんなに大変なことが可能なのかなと思いました。日本でもひどい虐待事件がたくさん起きていますが、実の親ではなくても暖かい心で育ててくれる大人に全ての子供が巡り会えるようになってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。