【動画】デモ隊に催涙スプレーを噴射した警察、風により自爆

引用元:Bulgarian police uses pepper spray on protesters, and the wind blows it back into their faces

「デモ隊に催涙スプレーを使ったブルガリア警察、風によって自分たちの顔にスプレーがかかる」という動画。

 

父親がこれを見て泣くまで笑ってた。マジでほぼ全ての人がブルガリアの警察を嫌ってるし、これを見てたくさんの人が笑ったはず。
 
聖なるバリアを現実で見たことなかったな。

 

参考までに。催涙スプレーを食らって顔をこするのは本能的なものだけど状況を悪くするだけだ。症状が収まるまで顔を水につけるか顔に水をスプレーしろ。【追記】ああ、ミルク、食器用洗剤と水を混ぜたもの、植物油なんかも使える。

 ▼コツはそれが顔の皮膚から完全に落ちるまで水をかけ続けること。ただ濡らすだけだと.. スプレーを再活性化させてしまう。人はちょこっと洗おうとして、痛みを感じて、洗うのをやめて、成分を乾かして、そしてもっと水を与えて、またスプレーを再活性化させる。ソースはセキュリティ関係で働いてた自分。スプレーをかけたこともかけられたことも何度かある。

 ▼20分かかるぞ。催涙スプレーをかけられたことが9回ある。20分かかる。

 

たいていの催涙スプレーの対策にまつわる一番の問題は、催涙スプレーを噴射されるような立場にいる場合には、ただの水以上のものを手に入れるのはそんなに簡単とはいかないだろうってことだ。
 
正義の風だ。

 

間抜けはアメリカの警察だけじゃなかったんだな。

 ▼ああ、ブルガリアで警察官になるのは志がなくてあまり頭もよくない人間だ。楽な政府の仕事だよ。

 

元妻は2009年の感謝祭で「ちゃんと使えるか確認する」ために部屋の中に催涙スプレーをまいたよ。

 

【管理人】動画では苦しむ警察官たちが一生懸命少しの水で目をゴシゴシしていますが、スレッドでのアドバイスを読むとあれでは痛みをひどくしているだけなのでしょうか。目に入っても大丈夫なように赤ちゃん用シャンプーを使えというアドバイスもありましたが、基本は大量の水で洗い流し続けることのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。