【環境汚染】フィリピンで40kgのプラスチックを飲み込んだ鯨の死体が見つかる

海洋生物学者のダレル・ブラッチリー氏は、フィリピンで若いアカボウクジラの死体を発見しました。彼が到着するよりも前にクジラは死んで水に浮かび、目は落ち窪んで肋骨が皮膚を突き破っていました。 “【環境汚染】フィリピンで40kgのプラスチックを飲み込んだ鯨の死体が見つかる” の続きを読む